糀谷社会保険労務士事務所(http://www.office-kojitani.com/)


by h-kojitani
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2007年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

大阪で飲み会

 今日も忙しく、業務をこなし、夜は、大阪で社労士さんの飲み会に参加。今回、4人の方とご一緒させていただいたが、非常にレベルが高く大変良い刺激を受けることができた。やはり、滋賀で閉じこもっていてはダメだなと再確認できた日であった。 
 経営観なども大変、参考になる方ばかりであり、今後も末永く、良いお付き合いができればと思った1日であった。
[PR]
by h-kojitani | 2007-09-27 23:59 | 旬刊こうじたに

今日は、大阪で研修受講

 今日は、大阪で、みずほが主催の賃金セミナーに参加。講師は、新経営サービスの山口先生。実は、昨日は支部会で新経営サービスのスタッフのかたの話を聞き、今日はその所長のかたの話を聞いたということに。別に、意識して集中的に新経営サービスの方の話を聞いたというわけではないが、結果としてスケジュール上、そうなった。結論として、2日連続、聞けた事で、新経営サービスの方の人事コンサルの考え方が、すべてではないにしろ、よく理解できた。同じコンサル手法でも話し手により、ある種、昨日とは違う色合いに聞こえる、感じる事が大変、楽しかった。 
 本日も昨日と同様、新たな気づき、学びがあってよかった。ただ、思うには、新たに仕入れられているのは、やはり小手先の技(当然、重要ではあるが)であり、やはり本質部分に関しては実務を行っている方に関しては、みな、(良い意味で)同じだと感じた。やはり、ウルトラCはないということだ。
[PR]
by h-kojitani | 2007-09-26 21:03 | 旬刊こうじたに

今日は、研修受講

 今日は、滋賀県社会保険労務士会湖南支部にて研修を受講した。講師は、新経営サービスの加藤先生。 
 実務家らしく、なるほどと思うところも多く、また新たな気づきというか、そんな方法もありだなと思うところもあり、良い学びとなった。
 主催者である社労士さんに背中を押され、いくつか質問する事になり質問したが、別に痛いところを突くつもりもなかったが、痛いところを突かれたのか、回答は不明確に。といっても、私も同じ質問をされても明確に答えられるわけではなく、ヒトの問題は、正解がないということを再確認できたのはよかった。やはり、ウルトラCは、なさそうだ。講師の方は、私とは全くタイプが違う方だったが、非常に良い人だなという印象を受けた。
 しかし、曲がりなりにも受講者が、社労士ということもあり、非常にやりにくかったのではと思うと本当にお疲れ様でしたという一言に尽きる。
 今日は、知識面においてもまた、人事セミナー講師としてのあり方についても非常によい学びの機会となった。
[PR]
by h-kojitani | 2007-09-25 23:21 | 旬刊こうじたに
 今日は、語弊を恐れず言うなら、本当に1日仕事をした。朝から、人事制度のコンサル、昼から、助成金の役所折衝およびその対応、社会保険調査のための顧問先での準備、顧問先での2以上勤務の説明および対応、海外勤務者の労務相談その他、こまごました相談随時と、今までかかってしまった。途中、HP業者さんとの打ち合わせもはさみ、中身の濃い1日だった。
 最近は、いろんなことを考えて仕事時間を調整していたが、これだけ働くとやはり、一定以上の充実感はある。ただ、仕事(作業)病にはならないよう、気をつけたいとは思う。
 いま、ネット上である議論、というか問答をしているが、これが大変、自分にとってはよい学びとなっている。本当に世の中には、レベルの高い人がいるものだとつくづく感じる。
 自分が求める気持ちが本気であればあるほど、そういう人たちに会えるものだと思うが、もっと学ばなければ、というか学びたいと感じる今日この頃である。
[PR]
by h-kojitani | 2007-09-22 00:05 | 旬刊こうじたに

今年初の社会保険調査

 今日は、朝から今年初めての顧問先の社会保険調査。2社であったが、無事難なく、終わると思っていたが、結構、念入りに見られて所要時間、1時間半。人数の少ない事業所なのに、結構、丹念に調査され、疲れた。途中、調査官と普段あまり、話さない社会保険の適用についてなどの話をしたが、大変、興味深かった。ここには書けないが、やはり、世の中いろんな人がいるものだと思った。
 昼からは、例のごとく、手続きセミナー。今日は、社会保険の資格取得関係の話だったが、基礎年金番号や、消えた5,000万件、第3号被保険者問題など、時事ネタを話したが、そちらのほうに大変関心が高く、自分ではそれなりに意味があったセミナーではと思っている。ただ、年金の話は、大変ややこしいので、受講者の方に、この短時間で理解してくれと言うには無理がある。それでも受講していた顧問先の方に、「よく分かりました!なるほどと思いました。」といわれたのは、正直、大変うれしいと感じた。こういうときに、セミナーはやめられないと感じる。
 
[PR]
by h-kojitani | 2007-09-20 23:45 | 旬刊こうじたに

監督官も人の子!?

 今日は、昼から、監督署に顧問先の社長と出向く。退職した従業員が、監督署に駆け込んだため。詳しくは、書けないが、監督官も人の子・・・監督官もそして、私も社長に同調・同情する面もありながらも現行労働法制下では、譲歩しなければならない部分があることを説得、いちおう納得してもらった。監督官も話していて、非常に難しい側面があるだろうなあと、感じてしまった。
 最近、当事務所に相談に来られた方が、「なんで、こんなに労働者側が守られているのですか」と言われた方が、いる。同情する側面もある・・・と言い切ってしまいたいが、そう言い切れない側面もある。私見だが、やはり使われている側、使用されている側の従業員さんにもしんどい側面はある。社長の言う事を聞かなければならないから。よくたとえで言うのだが社長は、飲み明け暮れて翌日、遅れても怒られないが、従業員はそうはいかない。従業員さんも拘束されて大変な事があるということは理解しておいたほうが良い・・と思う。それでないと、人を雇えば雇うほど、不幸せになる。幸せになるために・・というか何か世の中に価値を提供するために、自分ひとりではできないから、または人に協力してもらったほうが価値提供が促進するから、雇ったはずなのに、雇えば雇うほど内側にエネルギーを取られ価値提供が軽減するくらいならば、人は雇わないほうが良いと思う。
 とは言うものの・・・確かに労働者が守られている面もあるとは思うが、そこにフォーカスしても何も生まれない。経営者の方は今現在の自分の立場で、ありがたいなあ、感謝できるなあという面にフォーカスして前に進んでいただければと思う。もちろん、自分にもそう言い聞かせている。
 
[PR]
by h-kojitani | 2007-09-14 23:34 | 旬刊こうじたに
今日も彦根商工会議所にて、社会保険の手続きセミナーを昼から行った。今日で、4回目であり、折り返し地点である。私が知らない間に申し込みをしていたある顧問先の方が、今日も出席していたが、昨日、連絡を受け、セミナー内容とはまったく無関係の相談事があるということで、セミナーの1時間前に会場で待ち合わせ、約1時間ほど相談を受けていた。これで、3週連続でセミナー会場で待ち合わせをして、相談に乗っている事となる。待ち合わせとして使える事はそれはそれで、便利だ。
 セミナー後は、また、別の顧問先へ行き、60歳以後の再雇用の方の個別の年金等の相談。従来、あまりこのような相談事は、さほどなかったが、最近本当に多くなった。今月は、3人の方の個別の60歳以降の年金、高年齢雇用継続給付等を加味した賃金設計を行っている。3人の方は、会社がバラバラであるが、各社各様に再雇用に対する社長の捉え方が違うので、興味深いものがある。しかし、やはり年金は複雑だ。自分の年金のことをちゃんと理解している人は、皆無だ。年金制度は、難しすぎる・・・・。
 そうそう、11月に、滋賀文化短期大学にて、公開講座の講師を行う事となった。内容は、やっぱり・・・・・「年金」。この時期だけに結構、人気である。まだ、空きは多少あるので、HPからでも申し込んでいただければと思う。今日もセミナーで紹介したら、興味を示され、パンフレットをくださいという方がおられた。             秋には、商工会議所にて割増賃金問題対策セミナーみたいなものも行う予定で、結構、セミナー漬けになりそうだ。
[PR]
by h-kojitani | 2007-09-13 20:44 | 旬刊こうじたに

経営レポートの効果!

 今月より、経営レポートを顧問先や、知り合いの方々に送る事を始めた。事務所ニュースは、顧問先へは配布していたが、それとは別に行いだしたのである。
 その効果は、2つ。
 1つは、多少、疎遠になっていた税理士さんから、感謝の連絡があり、飲みに行く事になったこと。飲み会を1つ確保できた。 
 もう一つは、今日訪問した顧問先で社長に呼ばれ、何の話かと思ったが、経営レポートの内容で、研修を行ってほしいとの事。一つ目もそうだったが、2つめも全くの私の想定外の反応だった。1つ目もうれしかったが、2つ目も大変、うれしいものであった。
 何か、一つの気づきになればと思ったが、アクションを起こせば、何らかのリアクションが起こるものだと身をもって体験した1日であった。
 
 
 
[PR]
by h-kojitani | 2007-09-10 21:09 | 旬刊こうじたに

今日も大忙しだった!

 今日は、朝から助成金準備のために、奔走した。監督署やら、均等室やらへ手続きを行い、その合間を縫って、労災事故への保険調査会社への対応、60歳以降の社員採用のための年金の調査など、本当に今日は奔走した。
 そうしていると、事務所より、連絡あり突然のお客様が相談がるとのこと。ということで、夜は夜で事務所にて相談業務を行う事になった。夫婦で経営している方が、2人で来られ相談に乗ることに。事の詳細は明らかに出きないが、やはり、人の問題は根深く、そして難しい。ついつい、労働法の話になると熱くなってきて、持論を振りかざしてしまう事もあり、終了後は本当にお客様の為になったのかと自問してしまうことも多いが、やはり、今日もそうなった。年齢を重ねるごとにその辺りも上手にできるのもかと思うが、まずはそこに、自分自身が問題意識を持たないと変わることもないのだろう。これは、仕事でもいえることであり、意識する事がまずは、大切だと思う。

 
[PR]
by h-kojitani | 2007-09-07 22:22 | 旬刊こうじたに

朝一番の快適な出来事

 今日は、朝から顧問先を訪問していたが、その途中、あまり通らない道を車で走っていたら、何のお店かも分からないが、店の前を掃除していたお姉さん(かどうかも分からないが)に、「おはようございます」と声を掛けられた。窓を全開にして走っていたのもあるだろうが、どう考えてもカツゼツのよい大きな声であった。当然、こちらとしては全く予期しない体験で非常に気持ちよく感動すらした出来事だった。とりあえず、その後も何のお店なのか、どういうポリシーを持っているのかと非常に気になった。きっと、また近いうちに通ろうと決意した。
 自分がそこまで人に気持ちよく接しているかは、甚だ疑問で、店の前を掃除しているお姉さん!?に学ぶ事があった1日だった。
[PR]
by h-kojitani | 2007-09-03 22:20 | 旬刊こうじたに