糀谷社会保険労務士事務所(http://www.office-kojitani.com/)


by h-kojitani
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2006年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

1日事務所で仕事!!

 今日は、朝から事務所にこもり、1日中、たまりにたまった仕事を行った。といつも、そう思うのだが、結構やってみると、思ったよりも処理ができて「大した量なかったのかな?」といつも思ってしまう。自分は、結構、神経質であり、少しでも仕事が処理できないでおいてあると、気になって仕方がない性格なのだと思う。ただ、ここは感情をコントロールしていく能力を身につけないと仕事力が上がらないと感じている今日この頃だ。感情のコントロールの仕方も、どういう風に考えることがよいのかもあまり、よく分かっていない。ということは、対応できないという事だ。「お金がほしい、成功したい」と言って、何の具体的なアイデア、思い等がない人とあまり変わらない。
ということで、感情のコントロールを少し考えてみるに、「過去の自分の感情特性をしっかりと想起し、事実をありのままに受け入れ、ポジティブに受け入れるようにしよう!」と今、決めた。それと、職員に仕事を振る能力を今以上に上げることが重要になってくると思う。ここは、言うのは簡単だが、なかなか難しいところだ。思いの伝え方を練らねばならない。
[PR]
by h-kojitani | 2006-07-29 20:37 | 旬刊こうじたに

ご紹介先への訪問

 今日は、税理士さんの紹介である事業所へ。かなり大きなお商売をされている方だったが、その会長の話が興味深く、おもしろくて、語弊を恐れず言うなら契約そっちのけで話し込んでしまった。戦後、起業されたお話だったが、時代の移り変わりを聞きながら、どのようにお商売されてきたか、どのように成功しできたかを聞けたことは、大きな財産となった。             先日のアクティブブレインセミナー以来、成功とか、幸せとかに興味を持っているが、今日の話もそれに通じる話であり、大きな大きな収穫があった。お昼ごはんまで、ご馳走になり、ただただ感謝である。
[PR]
by h-kojitani | 2006-07-19 13:57 | 旬刊こうじたに

久しぶりの休日

 今日は、本当に本当に久しぶりの休日。家族サービスもなしのオフ日である。しこたま本を読もうと、喫茶店、図書館のはしご中だ。アクティブブレインセミナーのおかげか、処理能力が早まり、本を読むことが早くなった。今日は、和田裕美さんの営業系の本を読んでいたが、気づきとしては、「傾聴力」だなと感じた。たぶん、人の話を聞いて相手が何を言いたいのか感づくのは下手なほうではないと思うが、そもそもの問題として、自分が話すことが多く、相手の話を聞く頻度が低い自分がいることに気づいた。
 アクティブブレインセミナーで学んだ記憶法を駆使しながら、傾聴に努める夏にしよう。
[PR]
by h-kojitani | 2006-07-16 17:15 | 旬刊こうじたに
 今日は、2日目のアクティブブレインセミナーを行った。講師は、小田 全宏氏である。今日は、圧倒的な力で凄かった。私自身は昨年度、受講し、そこそこ分かってはいるつもりでいたが、本当に凄かった。受講者の99%が満足したように思う(全員かどうかは本当には分からないので、差し引いた)。少なくとも私の顧問先の方々は、非常に良かったと言ってくださった。今の変化が楽しみでありそれを近くで見れる私は、役得である。
 今日も多くの気づきがったが、人生に、仕事に目的、目標がないと記憶でさへもできない、脳が成長したいと思わないことが分かった非常に有意義な1日であった。このアドバンスコースを11月に行うが、すでに受講者したいという方がおり、やはり小田先生の凄さを垣間見た1日だった。
[PR]
by h-kojitani | 2006-07-15 23:11 | 旬刊こうじたに
 今日は、1日をかけて、当事務所主催により、小田 全宏氏をお迎えしてのアクティブブレインセミナーを開催した。アクティブブレインセミナーとは、いわゆる、記憶法セミナーという説明が分かりやすいのだろうが、受講した方々は、これがただの、記憶法セミナーでないことは、存分に味わっていただけたようで、満足度は、むちゃくちゃに高かった。お礼のメールをいただいたり、参加した私の顧問先は、「今まで、受けていたセミナーは、何やったんや、めちゃくちゃ、安い!」と言われた。ちなみに、このセミナー2日で4万円である。安いと思わせる器量はむちゃくちゃすごい。
 小田 全宏氏は、人間学、人間教育が専門であり、それを融合して記憶法を教えるものだから、受講者には、とても伝わるものが多い。後方から、セミナー全体を見通した私は、受講者よりもたくさんのものを学んだと言えるほどの多くの収穫があり、本当に実りある1日となった。
[PR]
by h-kojitani | 2006-07-09 23:04 | 旬刊こうじたに

「ありがとう」について

ここ最近、「ありがとう」と言われることが増えている。言われると、かなり幸せな気分になる。しかし、よくよく考えると、小さい頃からこんなに人に「ありがとう」と言われたことがないような気がする(忘れているだけかもしれないが・・・)。人からほめられる(よく、できるね、上手やね等)ことは、結構あったと思うが、感謝されることはなかったような気がする。ほめられるには、自分が自分なりにそこそこ頑張っていれば、言われるが、感謝されるには、かなり(私にとっては)努力をして言われるもので格別だ。
 小さい頃から、ほめられてもピンと来なかったのは、このあたりに起因しているのかもしれない。できれば、感謝される人に昇華していきたいと思う。
[PR]
by h-kojitani | 2006-07-08 10:35 | 旬刊こうじたに
本当に、久しぶりの投稿となってしまった。
昨年から、今年に掛けて、何かむちゃくちゃ、忙しい。先日、ある本を読んでいたら、本当に仕事量が増えたら、仕事のやり方を抜本的に変えるしかないと書いてあったが、まだ抜本的に変えなくて済む中途半端な忙しさなのが良くないのかもしれない。
 ところで、今日は、あるお客様の会社で面白い話を聞いた。「ファンド」のお話である。その方の表現で言うと「先生、なんだかんだ言って、やっぱし、所詮ファンドはファンド」ということらしい。(文章だけではあまり伝わらないとは思うが・・・)。会社にまさにファンドが入ってきたらしいがそのやり方が本当にドライでえげつなかったことを延々と聞かせていただいた。むちゃくちゃ、興味深いお話でときおり、2人で大笑いしながらの1時間となった。そんなことも笑い飛ばせるこの方は、本当に私にとって相性がよく、また私から見れば成功者であり、帰り際にお食事に誘っていただいたが、是が非でも一緒に食事したいと思わせる人だった。自分もそんな年の取り方ができればと思うが、まだまだ道半ばと大いに感じる今日このごろである。
[PR]
by h-kojitani | 2006-07-06 19:00 | 旬刊こうじたに