糀谷社会保険労務士事務所(http://www.office-kojitani.com/)


by h-kojitani
カレンダー

<   2005年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

滋賀経済産業協会に訪問

 今日は、行政書士さんと診断士さんと共に、滋賀経済産業協会に訪問。先日以来、考えていたことだが個人情報保護法のセミナーを3人でやろうということで、その企画を持ち込んだ。話はトントン拍子に進み、開催が決定。詳細を詰めて、再度、検討することで話がまとまった。滋賀経済産業協会は中小企業のための研修、勉強会、情報提供等を行い、会員企業からの会費のみで運営しており力強い組織だという印象を受けた。話には、向こうの担当者の方が2人対応してくださったが、非常に楽しく勉強になる機会だった。
昼からは、事務所に戻り業務をいくつかこなし、夕方からは、私のお客様同士を紹介することとなった。業務的に協力できる内容があり、今回実現したもの。こういうビジネスマッチングは、非常に意味があると思うし、これからもできる限り行っていきたいと思う。
[PR]
by h-kojitani | 2005-06-09 23:31 | 旬刊こうじたに
 今日は、事務所に7時に入り、昨日のセミナーの後処理および今週の訪問事業所の準備を行った。今日は、あるセミナーのレジュメ原稿締め切りなので、早目早目の行動となった。
 また、午前中には事務所でお客様の急な依頼に対応。どっさり従業員データ等を持ってこられた。なんとか今週中に段取りをつけなければらないことになったが、結構時間がかかるため大変そうである。
 昼からは、社会保険事務所による算定基礎届けの説明会。結構、段取りよく1時間弱で終了したので、時間的に余裕が出来た。その後、事務所に帰りセミナーレジュメを作成。なんとか18時には完成し、無事、メールすることが出来た。
 最近、時間的にタイトであり、ある意味、綱渡り的な仕事であるが、いい緊張感はあるので、なかなかよいアウトプットは出ているのではないかと思う。
[PR]
by h-kojitani | 2005-06-07 18:39 | 旬刊こうじたに
 今日は、昼から某生保会社さんの営業職員の方さん向けに退職金セミナーを行った。そちらの所長さんが、適格退職年金の移行をひとつのビジネスチャンスとにらんでいることで、このセミナーが実現した。職員の方は、ほとんど女性であったが、失礼な言い方かもしれないが、私が思う以上に一生懸命、話を聞いてくださり気持ちよく話をすることができた。というのも、後で分かったことだが、みなさん、それぞれ、個別に退職金および適格退職年金に関しては、課題をお持ちのようだった。
 笑い度指数は、それほど高くなかったが、終了後、質問に来てくださった方もおられ、少しは役立ったのではないかと思う。
 
[PR]
by h-kojitani | 2005-06-06 18:43 | 旬刊こうじたに

楽しい1日

今日は、朝から電車で動く1日となった。彦根まで電車で行き、簡単な手続き業務を済ませ、昼からは、ある生保会社の人に車で拾ってもらい、その方のお客様のところへ行った。その会社の退職金制度への対応が主な課題であった。が、話はいきなり従業員研修(管理者研修)の話題に。ここからまた飛躍して人事制度の話になっていったが、非常に勉強熱心な社長さんで、楽しい時間を過ごすことができた。どんな形になるかは分からないが、ぜひとも一緒に仕事が出来ればと思う方であった。
 その後、顧問先を訪問し労働時間改善についていろいろと検討。この社長も非常に組織を大切にする方で話をしていて非常に楽しい。飲食業であるが、雑誌・新聞に掲載されたりする地域一番店である。某大手飲食業の勤務経験を活かし独立されているのだが、そこでの経験をある意味、反面教師にしながら様々な施策を打たれており非常にすばらしい。今日は、非常にすばらしい人たちと仕事を出来、本当に楽しい1日であった。
[PR]
by h-kojitani | 2005-06-03 18:34 | 旬刊こうじたに

他士業の方と飲み会!

 今日は、朝早くから顧問先を訪問し簡単な業務を行い、昼前には事務所に到着。週末から週の初めにかけて、セミナーを含め、湖北のほうで業務が集中してあるため、その準備を行った。そうこうしているうちに、当事務所に中小企業診断士の島次先生、行政書士の藤井先生が来られて、セミナーを共同で行おうということで、その戦略を話し合った。といっても、互いの顔見せという側面が大きく、互いにどのような業務を行っているかを確認しあい、今後も仕事上で助けあっていけないかを話し合ったといってよいかもしれない。
 みなが、互いにいい意味で「ゆるい結びつき(私の表現でいうと、しなやかな結びつき)」を希望していたので、気が合いそうだと確認した。
 話し合いを2時間ほど行い、そのまま飲みに行くことに。この2人の方は、私より年上であり、また名前を言えば誰でも知っている大きな企業に勤められていたこともあり、社会経験が大変豊富で本当に楽しく学ぶことが多い時間を過ごすことができた。本当にまた飲みに行きたいと思うお2人であった。できれば、仕事も一緒に行いたいと思う。
[PR]
by h-kojitani | 2005-06-01 23:07 | 旬刊こうじたに