糀谷社会保険労務士事務所(http://www.office-kojitani.com/)


by h-kojitani
カレンダー

<   2005年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

顧問先訪問+労務相談

 今日は、朝から大津まで顧問先を訪問。助成金申請がらみで神経質に行わなければならない問題が発生し、事業所に向かうことになった。ただ、この会社の方たちは、非常に判断が早いので、いつもあっという間に仕事が片付いてしまう。今日もあっという間に終了。別件で監督署に出向いたりハローワークを廻ったりとついで仕事を片付けながら、昼からは、労働時間について相談を受けることに。
 内容は、詳細には書けないが、36協定絡みの話が中心であり、時間を掛けて処理をしていくことが決定。管理職および労働組合を巻き込みながら処理を進めていく方向で話がまとまった。担当者の方とは、この話し合いが、ただ、36協定を作成するだけでなく、経営改善になるような形の話し合いができるように進めていこうということでまとまった。今後、いろいろな抵抗勢力が現れるかもしれないが、第三者効果を最大限に発揮したいと思う。
[PR]
by h-kojitani | 2005-05-31 18:49 | 旬刊こうじたに
 今日は、朝から勉強会に参加。その名は「埋もれ木塾」。全5回コースであるが、何を学ぶ場かと言われるとうまくは言えないが、自己を見つめ自己実現をはかる場といえるのだろうか。ただ、今回の学びは、私にとって非常に重要なものであることは認識している。講師は、毎回違うのだが、今日の講師は、小田全宏氏。知る人ぞ知る人間教育の大家である。
 今日は、「記憶法」を勉強。最近、記憶力がめっきり老化してきたと感じる私であったが、「記憶能力は上がる」と言われて、セッションをいくつか行ったが、確かに記憶能力は上がると実感。また、記憶力のメカニズムを学習し、いままで自分が学んできたことや学び方が一体、何だったんだろうと考えさせられる1日であった。これは、文章では書けないものであり、非常に残念であるが、記憶は(講師も言われていたが)結構、簡単なものである。
[PR]
by h-kojitani | 2005-05-29 23:41 | 旬刊こうじたに
 今日は、子供2人を連れて大阪の実家までドライブ。そそくさと子供をおばあちゃんに預け、近くの喫茶店に駆け込みレジュメ作りを行った。相変わらず、他のお客さんウオッチングをしていて思ったことは、大阪の子は、たくましいということ。何がと言われると困るが、その一挙手一投足がたくましいのである。彼らの生命力は、うちの子の何倍もありそうだ。子供の教育を再考する必要がありそうに思うほどたくましいものであった。
 ちょっと話はそれるが、私は出来る限り、子供ができることは自分でやらせようと思っており、4歳の長女に何かとやらせる機会を作っている。大したことではないが、今日も昼ご飯にラーメンを食べに行ったが、先に行かせて「お座敷、3人でお願いしますと言ってきて」と言わせたり、お勘定のお金を長女に1人で持っていかせたりしている。当然、まだまだ判断能力が伴っていないので、私が考えたとおりに言っているだけであるが、かなり誇らしげであり、うれしそうである。そのうち、自分で考えてくれるようになればと願っている。
 それでも何か大阪の子にあるたくましさには追いつかないものがありそうだが・・・。
[PR]
by h-kojitani | 2005-05-28 15:53 | 旬刊こうじたに
 本日は、午前中、顧問先に訪問し、仕事を済ませた後、昨日、連絡を取っていた行政書士さんと対面。個人情報保護法関係でのセミナーを一緒にやる相談を行った。ちなみに、この人の記事が今日のみんなの滋賀新聞に掲載されていた。基本的にはセミナーをやっていこうということで話がまとまった。こういうことはスピード感が大事だと思っているので早急に手を打っていいこう。
 夕方には、当事務所に診断士さんが来られた。じつは 、この人にも一緒にセミナーをやろうということで声を掛けておいた。この診断士さんも一緒にやろうということで話がまとまった。あとは知恵を出し合い、集客に取り組むだけだ。
 夜は、私が入居しているSOHOオフィスを出る方がおられたので、その方の送別会を、入居している事業主さん数人で行った。みなさん社会的にも経験豊富な方ばかりで非常に楽しい3.5時間があっという間に過ぎてしまった。サラリーマン時代と事業主になった違いや事業主としての責任の重さなどみなさん共通認識をいくつか確認しあい、それだけでも大変楽しい話となった。また一緒に飲みに行きたいと思うメンバーの人たちであった。
[PR]
by h-kojitani | 2005-05-26 23:51 | 旬刊こうじたに

事業所訪問+所内業務

 今日は午前中、顧問先を1件訪問し、その後は事務所で面談、セミナーレジュメの作成、その他業務を行った。
 セミナーレジュメは、来月明けに大同生命さんで行う職員向けの退職金セミナーのレジュメ案が完成。あとは、向こうの返事待ち状態にまでこぎつけた。あと2本ほど、急ぎで作らなければならない分があるが、他の業務の問題もあるし週末にいっぺんにやるしかなさそうだ。
 今日も本当はある用事があり、予定では1日空けておいたのだが、結局はなにかと埋まっていってしまう。明日も当初は事務所にて「考える業務」に使える予定であったがお客さんのところで緊急の要件が入ってしまい訪問予定だ。やはり、油断せず時間を見つけたときにどんどん業務をこなしていかないと間に合わない。
 それと、明日はこれも急だが、行政書士さんとセミナーをコラボして行えないかを検討することになった。内容的には「個人情報保護法」である。先日も「カカクコム」からデータが流出していたが、愛用者の私のデータは大丈夫だったのだろうか?                         他の士業の方とセミナーを行うことは、中小企業への情報提供として、大きな意味があるのではと以前から思っていたので、ぜひとも一度はやってみたい。
[PR]
by h-kojitani | 2005-05-25 17:19 | 旬刊こうじたに

1日、所内業務

 今日は、予定が二転三転し、今月で2回目ぐらいか終日、所内の日。嘘みたいな話であるが、1日いると、訪問者が現れる。本当に、私も事務所にめったにいないし、訪問者もめったにないが、午前中に生保の人がやってきた。直接の仕事の話でなかったが、近くまで来たので寄ってみたとのこと。ひとしきり、世間話をし、生保の仕組みを教えてもらい午前中は終了してしまった。
 昼からは、セミナーレジュメ作成、メールへの質問回答、明日以降の準備その他多くの雑務をこなしていたらあっという間に午後5時。何のアウトプットもでなかったような1日ではあるが、時間だけは過ぎてしまった。家に帰ってじっくりレジュメを練ることにするが、お客さんのところにも行かず、監督官庁にも行かない1日は、一瞬不安に駆られてしまう。ある種、職業病なのだろうか。まあ、明日から忙しくなるので、そんなことも忘れてしまうだろう。 
 そうそう、自転車通勤を何度かしてみて痩せました!と言えれば良かったのだが、その効果というか、結果として花粉症なのか、鼻炎になってしまった。小麦か何かにあたったのだろうが、まともに自転車通勤もできないとは結構、情けない。マスクをつけて自転車に乗るか(そこまでやる必要があるか)、ただいま検討中である。
[PR]
by h-kojitani | 2005-05-23 19:54 | 旬刊こうじたに
 今日は、昨日、考えていた通り、自転車通勤を行った。朝一番から、事業所を訪問し、わざわざ家に車を置きにきてのチャレンジ。「俺って結構、暇なのかな」などとも思ったが、それはさておき、快適な通勤時間を過ごした。しかし、朝は車の数も多く多少、空気が悪い。
 事務所に着いていろいろと業務を行っていると、訪問者が・・・。ドアが開くと、どう見てもセールスマンに見える人が立っていた。「私・・・こちらのほう担当になりました・・・」と話し出したので、間違いなく何かの営業の挨拶だと思い、聞いていた。私はこういった場合、結構、つっけんどんに断ることが苦手で、最後まで聞いてしまう(電話だときりのいいところで切ることもあるが)。途中で聞かないのは、妙にかわいそうだと思ってしまう。おそらく、これは自分が営業に行ったときに、全然聞いてもらえなかったトラウマかと思う。
 しかし、よくよく聞くと、「某大学から来たこの地区担当の人」だというではないか。よくよく聞くと、アポはなかったが、私を訪ねて来てくれたらしい。私は、ほとんど事務所にいないのでよく会えたなと思いながら(私がいなかったら、どうしたんだろう)、事情を聞くことにした。実は、何か1時間ほどで話をしてほしいとのこと。対象が、企業家、学生、近所の人等、広いので、どうしようかという話になったが、いくつか私の方からネタを提供し、持って帰って検討していただくことにした。しかし、私とその方の中では、結構シンプルに「労働保険や社会保険」の話がいいのではとなった。わたしもそうだが、会社にいるときに給料明細もまともに見れなかった(保険料控除などの意味が分からなかった)ことを思うと、そういった話のほうがよいのではとなった。ただ、盲点ではないが、私はこういうシンプルなセミナーをいまだかつてやったことがない。社労士なのだから、この話は確実にできなければと思うが、やったことがないのでなんともいえないところ。
しかし、決まれば良い情報発信の場と捉え、一生懸命、やらさせていただこう。
[PR]
by h-kojitani | 2005-05-20 20:31 | 旬刊こうじたに

今日も早朝から活動!

 本日は、事業所を3件訪問したが13時までに終了した。朝は7時過ぎに1つめの事業所に着いていれば、13時にでも3件訪問できる。まあ、かといってこれで業務が終了するわけでもなく昼からは最後の年度更新を監督署に持っていき、問題案件もあったので監督官に相談した。ある程度、回答はあたりをつけながら行っているため結論はすぐに出た。
 16時には社会保険の新規適用を15分ほどで終了し、業務自体がスムーズに終わっているので比較的、ストレスの溜まらない日だった。
 その後は事務所で雑務をこなし午後9時ごろに事務所をあとにした。明日も早朝から事業所にお伺いするが、明日は珍しく遠出をすることがないので、事務所まで自転車で行こうかと考えている。(2回しかしていないが)自転車通勤は、私の中では、「マイブーム」になり始めている。
[PR]
by h-kojitani | 2005-05-19 22:31 | 旬刊こうじたに
 今日は、車で京都の人事労務相談顧問先に訪問。ドライブ好きでない私としてはちょうどよいくらいの距離で軽い気分転換の距離となっている。
 労働基準監督署の定期臨検があるとのことで、その事前対策のご依頼。といってもこの会社の総務の方は、大企業出身の方で、業界における労務管理知識はわたしよりもあるという感じなので話が早い。本日もあっという間に終了。
 もう1つ、軽い内容のご質問に回答し事業所を後にした。
 京都から、大津までドライブし2時ごろに遅めの昼食を取り、今日は3時からミスドにこもり、セミナーレジュメ等、書き物を一気に仕上げようと思い奮闘した。
 合間にメールチェックを行っていたら、ある生保さんの営業所からセミナー依頼が来ていた。内容は、退職金に関することで、営業職員向けに2時間ほどで話してほしいとのこと。日程調整をして、ぜひとも受けさせていただこう。
 しかし、今年は昨年と比べて、セミナー依頼も多いし、人前で話をする機会が多くなっている。本当にありがたいことである。目に見えるまたは見えない、いろいろな人との繫がりの中で、こういった話が舞い込んでくるのであろう。目に見えるものに感謝することは簡単だが、目に見えないものにまで思いをめぐらすことが出来れば、私も一皮向けるのだろうなと思う今日この頃である。
[PR]
by h-kojitani | 2005-05-17 17:59 | 旬刊こうじたに

2回目の自転車通勤

 今日は、自宅ででもパソコン1台あればできる仕事だったのだが、健康のためも思い、昼から自転車で事務所まで行き、仕事を行った。自転車通勤に関しては、ゴールデンウイークの最終日に初めて行ったが、日頃見慣れた風景でも新たに発見することもあるし、また自転車ゆえに日頃通らない道を通ることが可能(自動車の抜け道も見つけた)なので見慣れない風景も見ることが出来、かなり脳によい刺激になる。結構いろいろな事を思いつくので、本当にメモ帳を持って乗らないとだめなくらいだ。
 自転車に乗りながら思ったのだが、逆説的ではあるが、1日中(作業の多い)仕事ばかりしている「仕事人間」になってしまうと、実は新しい発想・視点等を全然思いつかないので、「仕事できない人間」になってしまうなあと思った。時間の許す限り、自転車通勤に心がけよう。
 以前、地球村の高木善之さんの講演を聞いたことがあるが、地球環境を考えてもむやみやたらに自動車に乗ることもどうかとも思う(ただ、滋賀県の場合は車でないと致し方ないという場合も多いが)。
 とまあ、いろいろ考えながら事務所に着いたが、仕事のほうは新聞連載記事を1本と、月曜日の仕事の準備を行ったのみという本当に軽い業務をこなし家路に着いた。片道約20分超の自転車通勤は今の私のライフサイクルからして最高の健康管理術といえる。
[PR]
by h-kojitani | 2005-05-14 09:36 | 旬刊こうじたに