糀谷社会保険労務士事務所(http://www.office-kojitani.com/)


by h-kojitani
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2007年 06月 29日 ( 2 )

3件のお客様を訪問

今日は、退職金コンサルティングを行っているお客様に、ある生保の方を紹介。今週は、損保の話や生保の話を聞く機会があり、非常におもしろかった。保険をかけるかどうかは、あくまで社長の判断だが、考え方の指南だけはできたので、よかったかと思う。どちらにしてもお客様のほうだけを見て、考えないと、無茶な提案になり最終的には信用を失ってしまうので、要注意すべきである。生保の方からしてみれば、もう少しプッシュしてもらいたいと思うかもしれないが、それは決してしないと自分では決めているので、心の声に従おうと思う。ただ、今日聞いていて思ったが、国税局との損金参入可否の中で、以前より爆発的にすごい商品というのは、今後もなかなか難しいのだろうなあとは、感じた。生保の方には、それでも紹介しただけでも感謝していただけたので、私も良かったなあと感じた。                                今日は、もう1件、変形労働時間制について相談に乗っていたが、経営者の思いがなかなか通じないボタンの掛け違いを感じた。経営者の方が、「自分と同じように考えられないのか、と思うと腹が立つから、そうは考えないようにしていると気も楽になる」と言われていたが、その通りで、同じように考えられるならば、独立しているだろうし、そもそも同じように考える事は無理なことである。ただ、他人が、どのように考えているか、興味・関心を持って考える事は、非常に重要だと思う。                                                      もう1件は、非常に気が会う会社へ訪問。気が合うというのとは相反するようだが、よく意見がぶつかり、議論になる。しかも人事労務ではなく、一般的な話で。こういう議論になるお客様こそ、大事にしなければと思う。今日も感謝、感謝。
[PR]
by h-kojitani | 2007-06-29 21:03 | 旬刊こうじたに

事務所で営業マンに対応

 今日は、午前中、2件の顧問先を訪問し、退職金制度の改定などの相談に乗った後は、事務所にて、事務所関係の諸整備のために来てもらった営業マンに対応。まずは、警備システムの営業マンに対応。私より、若い方で一生懸命さが伝わってきて好印象だった。普段、私の顧問先の社長から見れば年齢の差異等から考えて、この営業マンのように、私が写っているのではと感じ、やはり印象というか、かわいがられることが大切だなと感じた。次に、看板屋さんへ対応。この方は、知り合いの方から紹介を受けて山科から来ていただいたのであるが、電話でお話しているときからお話が非常に分かりやすく、好印象だった方でやはり、今日初めて会ったが身なりからして好印象だった。普段は、あまり自分がセールスを受ける立場にないが、セールスを受ける立場になると非常に学ぶ事、気づく事が多いなと感じている最近である。           結局は、内側からにじみ出る人間性が問題なのだとは思うが、第一印象、身なり等もその人間性と切り離すべきではなく、内側のものからにじみ出る外見等への気遣いが非常に大切だなと感じる。自分にとっては非常に気をつけなければならないポイントだと思う。
[PR]
by h-kojitani | 2007-06-29 00:08 | 旬刊こうじたに